loading

NEWS

Yuma Yoshimura solo exhibition “reflection in a squall” at TAKU SOMETANI GALLERY(Tokyo)

会期:2018 年10 月16 日(火)- 11 月16 日(金)

時間:13:00 – 19:00

休廊: 月曜日   ※10 月21 日(日)は休廊

レセプション:2018 年10 月20 日(土)18:00 – 20:00

会場:TAKU SOMETANI GALLERY

〒103-0002
東京都中央区日本橋馬喰町2-4-1 Bakurocactus 4F

入場料:無料

トークイベント開催のお知らせ

Yuma Yoshimuraと親交のあるアーティストHAMADARAKA(ハマダラカ)のお二人をゲストに迎えトークイベントを開催します。

日時:11月3日(土)18:00~19:00

場所:TAKU SOMETANI GALLERY

ゲスト:HAMADARAKA(ハマダラカ)

入場料:無料

 

Term: Oct 16,  [Tues,] - Nov 16,  [Fri,] / 2018

Open: 13:00 – 19:00

Closed: Mon, and Oct 21  [Sun,]

Reception: Oct 20 [Sat,]  PM 6 – 8

Venue: TAKU SOMETANI GALLERY

4F, Bakurocactus, 2-4-1, Nihonbashibakurocho,Chuo-ku, Tokyo, 103-0002

Entrance: Free

 

<statement>

本展で発表する「reflection in a squall」は、無数のチャプターで組み立てていく“the inscape portrait-本質肖像”という新たなシリーズのプロローグである。それは“生への執着”という自身の主とするテーマから直結し、日常を生きる自分の痕跡を反映させた物語でもある。

このシリーズは、自らの事実に基づいた過去のエピソードや、現在の私的内容を切り貼りし融合させ、
その情景をもとに物語を構築し言語化する。そして、それらと画面への描画を行き来しながら作品を
作り上げていく。つまり各チャプター毎、物語を完成させると同時に、描く行為にも区切りを付ける
事が出来るのだ。

それは自分にとって自己暗示の様なものであり、意識的に主題に挑むための術でもある。
こうした一連のプロセスにより、プロローグ「reflection in a squall」がフィクションとして姿を
あらわすのだ。

 

-reflection in a squall-

14 年前の亜熱帯のバリ島。あたり一面が急に暗くなり、今にも雨が降り出しそうな、八月の午後の
ウブド。
何処に逃げるわけでもなく、近くの軒下がある石造りの階段で、ワクワクしながらそのスコールを密
かに待っていた。
やがて降り出した青くさい匂いのするその雨と雨音が、今でも忘れられない。

雨は自由だ。
時として私達を悲観させ、時として胸の高鳴りのまま躍らせる。
そんな喧噪にも似た雨音の中、混在する二面性に揺さぶられながら“彼”は行ってしまったんだ。
心底にだけある“彼”が何かを探しに。
行ってしまったんだ、青臭い亜熱帯のかなたへ。

その後、帰国した私は抜け殻になり、異国に残した“彼”は長い間消息をたった。

そして時を経た近頃、私は“彼”を探している。
生々しく内面に宿り続けていた、自分の分身であったその“彼”を。
記憶や経験を共にした、自身の本質肖像であるその“彼”を。
逆走する様に過去の自分へと、順を追いながら問いかけ続け、ようやくあぶり出したその肖像。
“彼”は未だに何かを探しながら流浪しているのだろうか。

私は“彼”を探している。
青くさい亜熱帯から移り行く景色のかなたで。
私は“彼”を探している。
再び降り出したスコールの中を踊る様に。

雨音の中思い起こした“彼”への足取り。
そんな喧噪の中にある途絶えない“彼”の痕跡は一筋の光だ。

 

The exhibition reflection in a squall is a prologue of my new series of the inscape portrait, constructed
by endless chapters. This is also a story, which reflects a trace of my everyday life, and directly connected to my main theme ‘’Clinging into life’’.

In this series, I pick up the episodes from the past and the personal contents from now to assemble
them together to form a shape. Based on this, I make another story and put words on it.
On one hand Working on it, on the other hand drawing on canvas. This style puts a pause of an act of
drawing. Meanwhile, I complete the story by each chapter.

This is like an autosuggestion for me, and is a way to put myself to work consciously.
A course of these processes, the prologue of reflection in a squall emerges as a fiction.

 

‘’reflection in a squall’’

14 years ago, in subtropical Bali.
It started to be dark around suddenly, and it seemed to start raining right away.
Ubud in August afternoon.

I was going nowhere, just waiting for a squall with my thrilled heart on a stone steps under roof.
It started to rain before long, a smelling of grass and its sound. I remember it vividly even now.

Rain is free.
In a way, it sometimes makes us sad, it sometimes makes our heart leap as it swells.
Under this hustlelike sound of rain, ‘’he’’ had gone being stirred up in mixing dual nature.
‘’He’’ who was in deep inside of me, to look for something.
He had gone to naïve and subtropical, somewhere.

After returning to Japan, I became a mere shadow of myself.
And ‘’he’’, whom I left in the foreign land, never appeared for a long time.

After a long time, now, I am looking for ‘’him’’.
‘’He’’ who was my other self and was staying deep inside me so vividly.
‘’He’’ who was my inscape portrait and had memory and experience in common.
Finally, I have uncovered the inscape portrait by asking myself going back to the past in order.
Is ’’He’’ still wandering, searching for something?

I have been looking for him.
Beyond the changing landscape from naive and subtropical land.
I have been looking for him.
Like dancing inside a squall that started to fall again.

A rain reminded me his trace.
His trace, which never disappear in hustle, is a ray of light